女性AV監督 鈴木リズが説く!「和製ポルノ」というハイブリッドAVジャンルの確立

前回ご紹介したAVニューカマー「メロディー・雛(ひいな)・マークス」の大反響を受け、今回も彼女の作品に私独自の視点でグッと迫ります!

今回は前回よりさらにニッポンのエロにどっぷりと浸かって新たな快感を見つけてしまったメロディーをピックアップ!

【汚ェ~・・・もとい、「趣のある」純和風四畳半で起こる変態遊戯】

ゲオTV MANGO|鈴木リズ&メロディー・雛・マークス ゲオTV MANGO|鈴木リズ&メロディー・雛・マークス ゲオTV MANGO|鈴木リズ&メロディー・雛・マークス

70年代フォークの聴こえてきそうなせんべい布団の敷いてある四畳半。窓の外には神田川。見たことのないような型のテレビ(もちろんアナログ)に、もうどこにも売っていないであろうペナント。マンゴー読者には懐旧の情に駆られて涙する人もいるのではなかろうか。

今回メロディーが撮影に挑んだのは素人onlyプラムで長年ヒットを続けている代表シリーズ「素人四畳半生中〇し」。

彼女がこの部屋を目にして「Oh!ノスタルジー!!!!」と叫ぶことは考えにくいが、きっと古き良き日本文化に触れ、良くも悪くも衝撃を受けたに違いない。

情緒ある世界の中で様々な日本文化に触れるメロディー。納豆の匂いや蕎麦をすする音に圧倒される姿は典型的な外国人で微笑ましい。

ゲオTV MANGO|鈴木リズ&メロディー・雛・マークス

こんな自然体なメロディーが見られるのは今作品だけだろう。

【日本人好みの恥じらう姿にガチボッキ!】

彼女のこの表情に注目してほしい。

ゲオTV MANGO|鈴木リズ&メロディー・雛・マークス

かつて外国人女優と呼ばれるポルノスターたちにメロディーほど悩ましげな表情をする女優はいただろうか。これはまさに日本の恥じらいエロスの体現化!!洋物ポルノと日本のアダルトビデオではここに大きな差が出てくる。前も後ろもメガチ○ポもエブリシングカモ~ン!!!!な外国人美女に日本のサムライソードは気後れしてしまうのである。

しかしメロディーは海外美女といえどこの当時、19歳のうら若き乙女。エッチなイジワルにきちんと(?)恥じらってくれるのである。

ゲオTV MANGO|鈴木リズ&メロディー・雛・マークス

こんないじらしい表情を自分たちが引き出すことができたら・・・そんな妄想にガキボッキは必至なのだ。