ゲオTVxメンズサイゾー・スペシャルアワード “No.1エロボディ部門”一位・永瀬みなもちゃんインタビュー!

永瀬みなも

――【No.1エロボディ部門】第1位おめでとうございます!

永瀬:びっくりしました。ノミネートされている女優さんは、わたしよりも先輩で、知名度の高い方ばかりだったので。投票期間中は「厳しい戦いになるだろうな」と思っていました。だから1位が決まったときは本当にびっくりでしたね。

――AV女優になってまだ丸1年しか経っていないですからね。

永瀬:この1年はあっという間でした。撮影やイベントが次々あって、お仕事をこなしていたら過ぎちゃったという感じで。でも最初の1年の間に何かを残したかったので、この受賞はすごく嬉しいです。

ゲオTV MANGO|ゲオTVxメンズサイゾー・スペシャルアワード “No.1エロボディ部門”一位・永瀬みなもちゃんインタビュー!

――この1年間でもっとも印象に残っている作品は何ですか?

永瀬:『永瀬みなもの極上童貞筆おろし 28 超強烈なこじらせ童貞』です。

「仕込みの男優さんなんだろうな」と思っていたら、ホントの素人のガチの童貞さんが相手でした。はじめてだったので、なかなかスムーズにはいなかくて……。「いい思い出にしてあげなきゃ」という責任感があったし、イッたときは達成感もあったし、もっと上手にできたんじゃないかという悔しさもあって……。作品の中で、すごい泣いたし。わたしの思い出深い作品なので、見てほしいですね。

――永瀬さんの巨乳を楽しむなら、どの作品がおすすめですか?

永瀬:巨乳といえば『神乳』です。

わたしのおっぱい(巨乳)を堪能できると思います。デビュー2作目の新人時代の作品なんで、いま見返すと少し恥ずかしいんですけど(笑)。

――では得意プレイを味わうなら?

永瀬:得意プレイですか? う~ん……、AV女優の仕事を始める前は「自分はすごいドMだ」と思っていたんですけど、撮影で攻める方を体験したとき「これ、楽しい」ってなりました(笑)。じつはMではなく、攻めるのが得意プレイなのかなと思っています。『彼女のお姉さんは、誘惑ヤリたがり娘。 21 彼女の家に遊びに行ったらお姉さんに迫られイケナイ関係に…』は、誘惑するのが楽しかったです。

――AV女優になろうと思ったキッカケは何ですか。

永瀬:わたし、地下アイドルだったんです。ちょっとグラビアもやったんですけど芽が出なくて。やっぱり、地上に出たいって思っちゃった。一番の近道を考えた時に、AV女優かなって。「専属じゃなかったらデビューはしない」って決めて、面接周りをしていると、プレステージさんが専属契約してくれました。

ゲオTV MANGO|ゲオTVxメンズサイゾー・スペシャルアワード “No.1エロボディ部門”一位・永瀬みなもちゃんインタビュー!

――目標を定めてこの世界に飛び込んだんですね。これからどんなジャンルの作品に出演してみたいですか?

永瀬:シチュエーションものをやってみたい。いろんな職業になりきって男性を誘惑するような。違う自分になれる感じが楽しそうだな、と。あとは「“童貞筆おろし”のリベンジがしたい」ってアピールしています。

――では近いうちに素人童貞募集があるかもしれませんね! 最後にマンゴー読者へメッセージをお願いします。

永瀬:これからもお兄様たちに支持される女優になれるようがんばりますので、応援してくださいね!

↓永瀬みなもちゃんからのマンゴー読者のみなさんへスペシャル動画メッセージ↓

インタビュー・執筆
姫一(ひめ はじめ)
呑む・打つ・買う三拍子そろったフリーライター。新宿在住で昼夜問わずに歌舞伎町に出没中。女性のストライクゾーンは「1塁牽制球なら打ちにいく」と言われるくらいに広い。

撮影/野本幸代、湯浅顕人