熟女系AV女優・風間ゆみの「風間ゆみのお悩み相談室~スナックゆみ」第十四回 ~ゲスト・小早川怜子(後編)~

熟女系AV女優・風間ゆみの「風間ゆみのお悩み相談室~スナックゆみ」第十四回 ~ゲスト・小早川怜子(後編)~

現役バリバリの熟女系AV女優にして、生けるレジェンドの風間ゆみさんが、「MANGO」読者のあらゆる悩みに答える「スナックゆみ」!

ここは…ゆみママが営むとあるスナック。お店にはゆみママと仲良しのお客さん(ゲスト)が訪れて、読者の相談に“ほろ酔い”で答えちゃいます。今回は大人気熟女AV女優の小早川怜子サンを迎えた後編をお届け!

──小早川さんをお迎えしての後編はこの相談からスタート。「メイドカフェにハマっています。お気に入りの女の子は人気で、自分がお店に行けない日は、いつも彼女のことを考えてしまいます。今はコロナで会える回数もほとんどなくなり、ますます考えてばかり。ほかの男性と仲良くしていたら嫌だな…と思います」(20代男性)

小早川:わかる!好きな人ができると、もうずっと考えちゃうよね!解決方法としては、集中できることを見つけることですね。

ゆみママ:結論、はやい(笑)

小早川:でも、ホントわかる。私も同じタイプかも。

ゆみママ:でも…メイドで働く彼女は「仕事」だからって思っちゃうのよね。私たちもAV女優でありながら、当然、好きな人ができたりするけど…。

小早川:そうですよね。AV女優を本気で好きになった男性も、この悩みを抱えている方と同じヤキモチしたり、つらい部分があるかもしれない。

ゆみママ:メイドの女の子は、すべてのお客さんをもてなすのが「仕事」なんだというのを理解した上で好きになれればいいね。他の男性とは仲良くしているんじゃなくて、それが「仕事」だと理解できれば、ヤキモチを感じる必要はなくなる。

小早川:「仕事」ってキーワードかもしれない。もしも彼女がメイドの仕事を嫌でやっているなら、「ほかの仕事をやってみたら」って相談に乗ってあげるのもいいけれど、彼女がその仕事を好きでやっているなら、応援してあげないと。

ゆみママ:そう、その「仕事」を選んだのは彼女の一部だからね。

小早川:応援してあげるほうが、付き合える可能性は高まると思います!

▼友達のお母さんで童貞を捨て、ヤリまくる日々…。小早川さん、エロすぎ!

あん時のセフレ…は友人の母親 小早川怜子

──次は相談ではなく、普通のお便りと言いますか、ラブレターと言いますか(笑)。30代男性から風間さんへ。「ゆみさんはAV女優ですが、私生活などOFFの時は、そんな感じが微塵もありません。その仕草や感性はどこからくるのでしょうか。でも、もうゆみさんでしかヌケません!」

ゆみママ:ふふふ。私生活の時って書いてあるけれど、私の知り合いかしら?

──どうなんでしょう。私もフォローしてますが、風間さんのTwitterを見ていると、この方と同じ思いはします。AV女優的なツイートは少ないですよね。

ゆみママ:なるほどね。まぁ、私って普通なんだよね(笑)

小早川:私の場合は、素の自分とAV女優の小早川怜子が違うのをわかっているから、そのギャップを売りにしているところがあって、インスタやTwitterではプライベートの意外なところを載せているんですけど、ゆみさんはどうなんですか?

ゆみママ:私も、風間ゆみと自分はぜんぜん違うよ。Twitterはそんなに意識しないでやってるかなぁ。

小早川:メイクしてたり、カメラが回ったりするとスイッチが入りますよね、AV女優として。

ゆみママ:でも「あなたでしかヌケません」と言ってくれるのはとてもうれしい。ありがとうございます(笑)

▼『はだかの訪問介護士』と『未亡人の義母と戯れて…』の2作品をカップリング!

まるまる!風間ゆみ