『ゲオTVスペシャルアワード・ヌケるセクシー女優No.1決定戦』レポート!

「もっともヌケるAV女優は誰だ!?」
昨年の10月17日から行われていた『ゲオTVスペシャルアワード・ヌケるセクシー女優No.1決定戦』のファイナルラウンドが1月10日に新宿のロフトプラスワンで開催された。もちろんMANGOもバッチリ取材してきたぞ!

各部門の予選を制してファイナリストに選ばれたのは、「昇天クイーン」部門の大槻ひびきチャン、「キス&フェラ」部門の小倉由菜チャン、「No.1エロボディ」部門の永瀬みなもチャン、「タイニーガール」部門の倉木しおりチャン、「騎乗位マスター」部門のきみと歩実チャン、「淫語スター」部門の波多野結衣チャンの6名。新人からベテランまで、そうそうたるAV女優が出そろったイベントは、そんな彼女たちがハイタッチでVIP入場者を出迎えてスタート! イベント開始早々から彼女たちと触れ合えるとあって、早くも場内はヒートアップ!

最初のプログラムは、VIP入場者限定のプレイベント。抽選で選ばれたファンが女優と触れ合えてしまう「あなたの夢かなえます」が始まった。大槻ひびきチャンと波多野結衣チャンが耳元で淫語をささやけば、小倉由菜チャンはアーンしてきゅうりを食べさせてくれ、倉木しおりチャンはガチのハグ、きみと歩実チャンは私物をプレゼント! 選ばれたファンへのうらやましさで、場内のあちらこちらでため息が聞こえてくる。チクショウ!心の底から、ねたまし……、いや、うらやましいぞ!

プレイベントの時点から会場のボルテージは上がり続け、一般入場者を迎え入れた本イベントでは会場の熱気がMAXに。こうしてイベントの第1部が開始された。

ここからは、「AVが大好き!でも童貞!」という稀有なお笑い芸人・やさしいズ佐伯さん、古川いおりちゃんが軽妙なトークでMCを担当。

6人の女優たちから「目を合わせてくれない!」「もしかして、オチンポ勃っちゃった?」とイジられまくる佐伯さんが、彼女たちのAV作品の見どころを抜粋して紹介していく。

【昇天クイーン】部門1位の大槻ひびきチャンの抜粋シーンは、『媚薬をクリトリスに塗りこまれ敏感になりすぎてエビ反り絶頂を繰り返す大槻ひびき』から。

バックでガンガン突かれる姿が大画面に映し出されたひびきチャンは、「恥ずかしい!!」を連呼。そりゃ、こんな大画面に映し出されれば、さすがの大女優も赤面でしょう!そんなひびきチャンが一番好きな体位は、“抱き付き正常位”。「たった5秒でイクことがあるんだけど、声に出したらウソっぽく聞こえるから、実はこっそりイッてます(笑)」とのこと。明日からは、ひびきチャンがこっそりイッてるシーンを探しまくるぞ!

【キス&フェラ】部門1位の小倉由菜チャンの抜粋シーンは、『舐めて!しゃぶって!咥えっぱなし!チ〇ポ大好きごっくんフェラチオ』。

ハッキリ言って、これはヌケます!アレをしゃぶる音が凄まじく、聴覚と視覚を刺激する名づけて“4DXフェラ”。目をつぶれば、リアルにフェラされている気分になれること請け合いだ。そして目を開ければ、目の前にリアルな由菜チャン。こんな贅沢なイベントがあっていいのだろうか? もちろんいいのだ。

ちなみに彼女の思い出のキスは、「中1のときに高校生の先輩をデートに誘って、『チューしてくれなきゃ帰らない』と駄々をこねてしたキス」なのだとか。もちろん取材班はふたたび目をつぶって、由菜チャンの「チューしてくれなきゃ帰らない」を脳内で再生し、先輩の気分に浸ったのは言うまでもない。

【No.1エロボディ】部門1位の永瀬みなもチャンの抜粋シーンは、『天然成分由来 永瀬みなも汁 120% 59 全身から汗が吹き出すハードセックス』。

騎乗位で突かれるたびに激しくユレるおっぱい、みなもチャンは本気のアヘ顔を見せている。なにかをしゃべろうとするけど、気持ちよすぎてなにを言っているのかわからない。とにかく、みなもチャンが気持ちイイことだけは、こちらのムスコにもビンビン伝わってきました!

みなもチャンの巨乳を活かした自慢のパイズリは、「新人AV女優時代にやり方がわからなくて、シミケンさんに教えてもらいました」とのこと。手で胸を横から挟み、巨乳と乳首が見えるパイズリは、想像するだけで昇天しそう。シミケン直伝のパイズリ、ご堪能あれ!

【タイニーガール】部門1位の倉木しおりチャンの抜粋シーンは、『はじめての一人旅。親戚の伯父さんとひと夏の思い出』。

とある和室で伯父に立ちバックでヤラれるシーンがハイライト。正統派美少女のしおりチャンだが、「落ちているエロ本を集めるのが好きで、家の裏手に集めていた。それを見てオナニーをしていた(笑)」と、幼い頃からオナニーをしていたことを告白!

タイニーガールながらオナニー歴は約20年という計算になるぞ!(笑)

【騎乗位マスター】部門1位のきみと歩実チャンの抜粋シーンは、『アポなし訪問 きみと歩実』。

これが、まさかの着衣シーン。だが、がっかりすることはない。きみと歩実チャンは着衣でも十分すぎるほどエロい! 騎乗位については、「私が主導権を握れるので、“ヒィヒィ言わせてやる”って思いながらやっています。でも、下から突いてもらうのもアリですけどね!」。と語る歩実チャン。

騎乗位だけでなく、「寝バックなど、触れ合っている面積が広い体位も好き」なのだとか。

【淫語スター】部門1位の波多野結衣チャンの抜粋シーンは、『ノーブラノーパンで挑発してくるスケベ奥さんが隣に引っ越してきた!』。

ニットのセーターに浮かび上がる乳首。ジーンズのチャックがなぜか開いていて、うっすらとヘアが…。こんな奥さんが隣に引っ越してきたら…と、妄想がとまりません!新人時代から人気を獲得し、数多のAV女優の賞を獲得してきた“淫語の結衣チャン”。

「淫語は、撮影中に考えている。生殖器、粗チン、勃起チンポ…とか、その時々で。精子を“子種汁(こだねじる)”って言ってみたり(笑)」。淫語スターの口から飛び出した「子種汁」というパワーワードに、「子種汁なんて言うの、ハタちゃんだけだよ!」と他の5人から総ツッコミ! でも「子種汁」って言葉、2020年に流行りそう! これからMANGOでもバンバン使っていきたいと思う。

上映会とトークで盛り上がった後は、第2部がスタート。サイン入りアダルトグッズの即売会では、直接購入したファンは女優とツーショット撮影ができるとあって、瞬く間に完売となりました!