深夜食堂 第二部 06話

解説

肌寒い夜、小説家の鈴木(吹越満)は編集者といっしょにマスター(小林薫)の店で酒を飲んでいた。鈴木は妻と娘を捨て、十年近くやさぐれた生活を送っている。鈴木たちが店を出た後、入れ替わりに入ってきたのが、キャバクラで働く花(朝倉あき)と客の鉾田(徳井優)。花は鈴木が食べずに残していた「クリームシチュー」を注文する。花は小さい頃父親が家出して以来、ずっと母子家庭で過ごしてきた。最近は母親とも喧嘩ばかりで、自分で学費を稼ぎ大学に通っている。マスターの作ったクリームシチューを食べ、母を思い出した花は涙をこぼす。幸薄い花は、幸せをつかめるのか。
(C)2011安倍夜郎・小学館/「深夜食堂 2」製作委員会

作品情報

監督 松岡錠司
出演者 小林薫吹越満朝倉あき
メーカー アミューズソフトエンタテインメント
レーベル アミューズソフトエンタテインメント
ジャンル 国内TVドラマ
上映時間 24分
配信開始日 2012-07-02
制作国 日本
制作年 2011年
音声 日本語
対応端末 PC/Android/iPhone・iPad
  •  宅配レンタルで見る
  •  動画で見る

シリーズ

この作品と同じジャンル「国内TVドラマ」のランキング

もっと見る