深夜食堂 第二部 05話

解説

大学の映画サークルで、自主映画を製作しているゲンキ(森岡龍)とユウキ(前野朋哉)。八王子の鑓水峠でロケハンの最中、史跡らしきところに積まれていた「パイナップル」の缶詰を失敬し、マスター(小林薫)のところに持ち込んだ。どこか不気味なところもあるものの、マスターにパイナップルの入った酢豚を作ってもらい、それをきっかけで、彼らは店に来ていた菊乃(早織)と知り合う。二人は暗くて寂しそうで、しかし綺麗な菊乃を、自分たちの映画のヒロインにと御願いするのだが…。菊乃は撮影の日に現れず、ゲンキとユウキは、柚木(史朗)という初老の男から、鑓水峠が心霊スポットで、かつて殺人事件があったと教えられる。
(C)2011安倍夜郎・小学館/「深夜食堂 2」製作委員会

作品情報

監督 山下敦弘
出演者 小林薫早織森岡龍
メーカー アミューズソフトエンタテインメント
レーベル アミューズソフトエンタテインメント
ジャンル 国内TVドラマ
上映時間 24分
配信開始日 2012-07-02
制作国 日本
制作年 2011年
音声 日本語
対応端末 PC/Android/iPhone・iPad
  •  宅配レンタルで見る
  •  動画で見る

シリーズ

この作品と同じジャンル「国内TVドラマ」のランキング

もっと見る