真・雀鬼11 奪われた死闘 片腕の代走屋

サンプル画像

もっと見る

解説

1970年代、桜井章一(清水健太郎)は、雀荘ジェントルメンで城島という男と出会った。桜井を倒すことを目標にしている城島が、勝負の前に桜井に会いに来たのだ。桜井は城島に「一流の勝負師」の匂いを嗅ぎ取り、強い男と打てる喜びに勝負の場へと出かけて行ったが…城島は現れず、勝負は桜井の不戦勝で終った… 城島の様子が気になった桜井は、代理人から城島がある裏プロの恨みを買い、片腕を落とされたのだと知らされた。プロとしての麻雀が打てなくなった城島は、酒に溺れ、荒れた生活を送っていた。そんな時、城島は自殺しようとしている青年、中原(眞島秀和)を助けた。行く当てのない中原は城島の部屋に転がり込み、麻雀を教わることになった。中原が闘牌の天才と知ったとき、城島は中原の才能に、「自分の片腕」として全てのワザを教えていく…
(C)桜井章一/柳史一郎/神田たけ志/竹書房

作品情報

監督 片岡修二
出演者 清水健太郎眞島秀和中倉健太郎高橋和興桜木健一山本竜二
メーカー 竹書房
レーベル 竹書房
ジャンル 邦画Vシネマ麻雀ドラマヤクザ
上映時間 89分
配信開始日 2004-03-20
制作国 日本
制作年 2002年
音声 日本語
対応端末 PC/Android/iPhone・iPad

シリーズ

もっと見る

この作品と同じジャンル「邦画」のランキング

もっと見る